美爽煌茶(びそうこうちゃ)は妊婦さんが飲んでも大丈夫?

妊婦さんの便秘対策として美爽煌茶(びそうこうちゃ)は使えるの?

便秘に悩んでいるという妊婦さんは多いようですね。
便秘を解消したいけれど、生まれてくる赤ちゃんのことを考えると便秘対策の医薬品などを利用することができないと困っている妊婦さんもいると聞きます。

 

飲みやすい便秘解消茶として人気の美爽煌茶(びそうこうちゃ)ですが、妊婦さんが飲んでも大丈夫なのでしょうか?
妊娠中に美爽煌茶を飲んでも危険ではないのかを調べてみました。

 

妊婦さんの美爽煌茶の使用は避けた方が安全

結論から言うと、美爽煌茶の公式サイトのQ&Aには「妊娠中の方はなるべくご使用をお控えいただくか、医師または薬剤師にご相談の上、お召し上がりください」とあります。
ですので、妊婦さんは飲まない方がよさそうですね。

 

その理由を説明しますと、まず、美爽煌茶(びそうこうちゃ)にはカッシア・アラタという植物が配合されています。
カッシア・アラタはキャンドルブッシュとも呼ばれており、センノシドという成分が含まれています。

 

このセンノシドが黄体ホルモンの働きを弱めてしまう可能性があるのです。
黄体ホルモンは妊婦さんの子宮の収縮を防ぎ流産を予防する働きがありますから、正常に働いてくれないと最悪の場合、流産の恐れもあるのです。

 

もちろん、飲めば必ずそうなるというわけではありませんが、お腹の赤ちゃんのことを考えれば、危険はなるべく避けておきたいですよね。

 

また、美爽煌茶(びそうこうちゃ)はアップルティーをベースとしていますからカフェインを含んでいますが、カフェインも妊婦さんが避けた方がよい成分としてよく知られていますよね。

 

そして、お茶に含まれるカテキンも体の中の葉酸の働きを悪くしてしまうという説もあるそうなので、やはり妊婦さんは避けることが望ましいのではないかと思われます。

 

薬や美爽煌茶以外の妊婦さんの便秘対策は

では、妊婦さんの便秘対策はどうすればよいのかというと、ノンカフェインのルイボスティーなどで水分をしっかり補給するようにする、食物繊維を多く含むものを意識して食べるようにする、オリゴ糖の利用、などがあります。

 

便秘対策として手軽で効果の高い美爽煌茶(びそうこうちゃ)は魅力ですが、お腹の赤ちゃんのことを考えるなら妊婦さんは利用を見送った方が安全ですね。

 

 

美爽煌茶(びそうこうちゃ)の口コミを見てみる