美爽煌茶(びそうこうちゃ)には危険な副作用があるの?

美爽煌茶(びそうこうちゃ)を飲むと副作用が発生する?

便秘解消に効果があると話題になり、また、モニターの99.2%がスッキリを実感しているという美爽煌茶(びそうこうちゃ)ですが、ネットの口コミを調べていると「副作用」があるというものが。

 

美爽煌茶(びそうこうちゃ)を飲むことで「ひどい下痢になった」「おなかが痛くなった」「胃が痛むようになった」などという副作用があるというのです。

 

これらの症状は、美爽煌茶に含まれる成分であるカッシア・アラタという植物によるものと思われます。
カッシア・アラタはキャンドルブッシュやゴールデンキャンドルとも呼ばれ、医薬品に使用されている「センナ」と近い植物です。

 

センナやカッシア・アラタにはおなかを緩くさせるセンノシドという成分が含まれていて、この成分の効果が強すぎると上記のような下痢や腹痛、胃の痛みといった副作用ではないかと思われるような症状が現れてしまうのです。

 

ただ、美爽煌茶(びそうこうちゃ)は医薬品ではありませんから、下痢や腹痛、胃の痛みといった症状が発生したとしても、それは「副作用」とは呼びません。

 

それに、そのような症状が現れるのはあくまで過剰に摂取した場合です。
一度に大量に飲んだりしなければ、副作用的な症状を起こす可能性は低いと思われます。

 

また、美爽煌茶を飲んでみておなかが緩くなるように感じるならば、ティーバッグをお湯に浸ける時間を短くするなどして薄めにすれば副作用的な症状が発生する恐れはなくなるでしょう。

 

 

美爽煌茶(びそうこうちゃ)の口コミを見てみる