美爽煌茶(びそうこうちゃ)は危険?口コミの真相は

話題の美爽煌茶(びそうこうちゃ)は危険って本当?

美爽煌茶(びそうこうちゃ)は便秘解消を目的として開発されたお茶で、アップルフレーバーのティーバックとして販売されています。
飲みやすさに加えてスッキリ感を実感できる率が高いとして口コミで話題になっていますが、その中には危険という口コミもみられます。

 

その理由は、原材料にカッシア・アラタ(キャンドルブッシュ)という植物が使われている点にあります。
この植物には下剤の成分として認識されているものが含まれているので国民生活センターから使用に関する注意喚起がされていて、この点から「危険」という口コミが出てきたのではないでしょうか。
とはいっても、国民生活センターの指摘はあくまで過剰摂取に対する注意にとどまっています。

 

飲みすぎてしまうと下痢や腹痛に繋がる可能性はないとはいえませんが、便秘解消の目的からするとこれは副作用とはいえないのではないでしょうか。
むしろ美爽煌茶(びそうこうちゃ)にこうした働きのある成分が含まれるからこそ、効果の実感率が高いのだともいえます。

 

また、直接摂取するわけではなくお茶として飲むので、カッシア・アラタの実際の摂取・吸収量はティーバッグに含まれている量と比較すると少なく、その点でも決して危険ではなく安全な範囲であるといえます。

 

ですので、こうした成分が含まれている事を意識したうえで、販売元が推奨している用量や抽出法を正しく守って美爽煌茶を利用すれば何の問題もないのです。
そうであれば過剰摂取になることもありませんから、危険といわれるほどの事態が起きる心配もないのです。

美爽煌茶(びそうこうちゃ)の口コミ

美容と健康について、多くの女性が悩んでいる事といえば便秘です。
毎朝すっきりと出ればいいのですが、溜まってしまうだけでなく肌荒れの原因ともなってしまいますし、おなかもポッコリと出て自信喪失してしまうので対策を行っている方も多いのですが、薬や病院に頼らずに対策できると話題のお茶があります。

 

それは美爽煌茶(びそうこうちゃ)というランキングや口コミでも高評価のお茶なのですが、驚く事にモニターの99.2%の方がすっきりを実感しているのです。
さらに86.9%の方が効果を3日以内に実感できたということで、喜びの口コミも多数目にすることができます。

 

実際の口コミでは効果はもちろんの事ですが、「風味がよく他の商品のように薬っぽい感じがなかった」という事や、「クセもなく後味もさっぱりしている」といったものが多いです。
ほんのりとしたアップルティーがベースなので、「便秘改善の為に飲んでいる感覚ではなくティータイムを楽しむ感覚で飲める」という点で評価している方もいました。

 

便秘改善効果については「下剤のように危険と感じるほど急激な効果が出てくるのではなく、自然な感じですっきりできる」といった口コミも多く継続して飲み続けている方が多いのも美爽煌茶の特徴です。
便秘の悩みを抱えている女性はこういった口コミを参考にして美爽煌茶(びそうこうちゃ)を利用すれば、失敗のない対策ができるのではないでしょうか。

 

↓飲みやすくておいしいのに↓

↓毎朝スッキリできる秘密はこちら↓

美爽煌茶

美爽煌茶(びそうこうちゃ)の成分

健康茶として大人気の美爽煌茶(びそうこうちゃ)。
美爽煌茶には、豊かに天然成分を含んだ植物素材が配合されています。
カッシア・アラタ、紅茶(アップルティー)、ローズヒップ、カワラケツメイ、エビスグサの種、麦芽、ギムネマ、麻の実、ファイバーの9種類が美爽煌茶の植物素材です。

 

なかでも美爽煌茶(びそうこうちゃ)を特徴づけるのはカッシア・アラタで、キャンドルブッシュと呼ばれることもある植物です。
センノシド、クリソファノールなどが含まれる植物で、インドネシアでは煎じ薬にするなどして活用されています。
カッシア・アラタは過剰に摂取するとおなかがゆるくなることがありますが、推奨されている1日の摂取量を守っていればまったく危険なことはありません。

 

センノシドは特に、滞りがちな女性のお通じを促してくれる成分です。
カワラケツメイのアントラキノン類とともに、女性のお腹をスッキリへと導きます。

 

また、アントラキノン類は利尿作用のある成分です。
美爽煌茶によって、むくみの改善も期待できます。

 

そして、アンチエイジングといえば抗酸化作用、抗酸化作用といえば、なんといってもローズ・ヒップに多く含まれるビタミンC。
ビタミンCは熱に弱い成分であることが広く知られています。
ところが、ローズ・ヒップは、レモンの約20ものビタミンCとともに、バイオフラボノイドというビタミンCを壊れにくくする成分をも含んでいるのです。
そのため美爽煌茶のビタミンCは熱に強く、熱湯を注いでお茶として飲んだとしても効率よく摂取できるので、安心です。
美爽煌茶(びそうこうちゃ)の成分には、ポリフェノールなど、活性酸素を撃退する抗酸化成分が豊富ですから、アンチエイジングにも最適なのです。

美爽煌茶(びそうこうちゃ)のボーナスコース

美爽煌茶(びそうこうちゃ)のボーナスコースについて説明します。

 

美爽煌茶は、9種類の植物をブレンドした天然素材100パーセントのお茶です。
どのような味かというと風味はアップルティーのようで、どんな人でも飲みやすく作られています。

 

そんな美爽煌茶は通常の購入をするよりもお得なボーナスコースがあります。
通常の購入で1袋4,000円の美爽煌茶を3,000円で買うことができます。
つまり1,000円お得に購入することが可能なのです。

 

1袋に30包入っているので、1日に1回飲まれる方は1ヵ月に1袋の購入で済みますので値段はお手ごろです。
値段だけでなく2点以上の購入で送料が無料になるので、長期間の使用を考えているのであればそちらのサービスを利用してみるのもよいでしょう。

 

美爽煌茶(びそうこうちゃ)は便秘気味な方が飲まれると、自然なリズムでお通じがくるので便秘が解消されたり体調が優れ健康的な体を手に入れることができるのです。
食物繊維が豊富で、これも便秘解消に役立ちます。

 

早く効果を感じようとして飲みすぎてしまうと、まれにお腹が緩くなってしまうこともありますが、1日1杯程度の分量ならば、まったく危険なことはなく心配する必要はありません。
徐々にお通じのよい健康的な体に変化していきます。

 

またダイエットを目的に美爽煌茶(びそうこうちゃ)を飲んでいる人は、運動と併用することでより高い効果を得ることができるでしょう。

 

 

↓飲みやすくておいしいのに↓

↓毎朝スッキリできる秘密はこちら↓

美爽煌茶

美爽煌茶(びそうこうちゃ)を飲むと下痢になる?

毎日のお通じが改善したと多くの人が口コミを寄せている美爽煌茶(びそうこうちゃ)ですが、「危険」とか「下痢になる」などの情報も目にします。
お通じに悩んでいて美爽煌茶に興味を持っていたとしても、こんな情報を目にすると美爽煌茶には副作用があるのかと心配になってしまいますね。

 

 

美爽煌茶(びそうこうちゃ)のユーザーの口コミをいろいろと見てみると、推奨されている量を超えて過剰に飲んでしまうことにより下痢になってしまった人もいるようですね。

 

美爽煌茶の主要な成分でありインドネシアでは煎じ薬としても利用されているカッシア・アラタ(キャンドルブッシュ)の作用によって、人によっては下痢をしやすくなってしまうといわれています。
カッシア・アラタはなんと1300年も前から利用されているそうで、煎じ薬として以外には塗り薬のように使われることもあるといいます。

 

また、カッシア・アラタは食物繊維が豊富な植物であり、なんとサツマイモの約20倍もの量を含んでいるといわれています。
これだけの食物繊維を含んでいるなら、体質によって下痢になりやすくなる人がいるのもある意味納得ですね。

 

 

もし下痢をしやすい体質の方は、美爽煌茶(びそうこうちゃ)を利用する際はお湯にティーバッグを浸ける時間を短めにする、あるいは推奨されている分量よりもお湯を大目にして作ってみる、などの方法で下痢になる危険性が低くなるのではないでしょうか。
または美爽煌茶を飲む際は、毎日ではなく1日程度間を開けて飲むようにするのもいいかもしれません。

 

もしもこれらの対策をしても下痢の症状が起こるようなら、無理に飲み続けようとしないでお医者さんに相談するなどした方がよいでしょう。
お通じの改善も大切ですが、そのために体調が悪くなっては元も子もありません。

 

 

美爽煌茶(びそうこうちゃ)を飲んだ人すべてが下痢になるわけではありませんし、また、推奨された量を超えて過剰に飲まなければ下痢になる危険性はほとんどありません。

 

美爽煌茶にはカッシア・アラタ(キャンドルブッシュ)だけでなく、ビタミンCやバイオフラボノイド、そしてポリフェノールなども含まれているのでアンチエイジングの働きも期待できます。

 

 

公式サイトからだとお得に購入することもできるので、毎日のお通じに悩んでいるなら試してみてはいかがでしょうか。

美爽煌茶(びそうこうちゃ)の飲み方

美爽煌茶(びそうこうちゃ)は特に飲む時間などは決められておらず、好きな時間に飲むという飲み方でいいのです。

 

体によいといわれているものはいろいろとありますが、続けて利用しているうちに効果が低くなってしまうようなものも中にはあります。
けれど、美爽煌茶(びそうこうちゃ)は利用し続けても効果が得られなくなってしまうということはありませんから、安心して継続することができるのです。

 

美爽煌茶には腸の機能を改善する成分が含まれているので、健康のために危険なものをスムーズに体の外に出してしまうことができるようになります。
これはもとからある体の機能を向上させることなので、ある成分の働きに体が慣れてしまって効果が得られなくなるということにはならないのです。

 

 

また、美爽煌茶(びそうこうちゃ)は自分自身の便秘の症状に応じて効果を調節することが可能です。
人それぞれ便秘の症状は違いますし、同じ人でも日によって症状が異なるというのはよくあることです。

 

ですので、症状がひどい日には強い効果を得たいですし、症状が軽い日ならそれほど効果が強くない方がよいでしょう。
ティーバッグをお湯に浸ける時間で簡単に効果の強さを変えられる美爽煌茶は、自分自身の症状に合わせた飲み方ができますからとても便利です。

 

 

美爽煌茶はアップルティーのような飲みやすい味ですから、おいしくないものを我慢して飲むという飲み方はをする必要はありませんし、配合されているハーブによってリラックスすることもできます。

 

美爽煌茶を飲み続けることにより腸内環境が向上し機能も高まりますから、体全体としても調子がよくなったように感じるという口コミも多いのです。

 

危険な成分などはなく、配合されているのは天然由来の安全な成分のみであり、さらに添加物などもありませんから美爽煌茶(びそうこうちゃ)を飲み続けるのに不安を感じることはまったくありません。

 

そんな美爽煌茶にはボーナスコースという定期購入サービスがあり、このボーナスコースを利用すれば、お得に購入することができ、買い忘れて飲み続けられなくなったということも避けられます。

 

 

美爽煌茶(びそうこうちゃ)は配合されている天然成分によって腸内環境や機能を向上させ、お通じを改善するという飲み物です。
現在飲んでいるサプリメントなどと併用しても危険なことはまったくありません。

 

お通じが改善されることにより、肌のツヤやハリも得られるようになるでしょう。

 

美爽煌茶(びそうこうちゃ)は正しい飲み方で継続すれば、危険な点などまったくない飲みやすいお通じ対策のお茶ですから、毎日のお通じで悩んでいる方は安心して試してみていただきたいと思います。

 

 

↓飲みやすくておいしいのに↓

↓毎朝スッキリできる秘密はこちら↓

美爽煌茶

美爽煌茶(びそうこうちゃ)への国民生活センターの指摘とは

アップルティーのような飲みやすい味ながらスッキリできる効果が高いと話題の美爽煌茶(びそうこうちゃ)ですが、国民生活センターから指摘を受けたことが気になっている方も少なくないと思います。

 

ここでは国民生活センターが美爽煌茶(びそうこうちゃ)について行った指摘について説明したいと思います。

 

国民生活センターの指摘の内容

まず、国民生活センターは独立行政法人であり、国の行政機関である消費者庁のように業務停止命令などの行政処分を行えるわけではありません。
ですので、国民生活センターから指摘を受けたというのは、法律に違反して行政処分を受けたということではありません。

 

そして、国民生活センターから指摘を受けたのは美爽煌茶(びそうこうちゃ)だけではなく、同時に15種類の商品についての指摘が行われています。

 

その指摘というのは、「美爽煌茶(びそうこうちゃ)その他の商品には下剤と同じ作用があるセンノシドという成分が含まれていて、一度に大量に飲むと医薬品の下剤と同じ程度の分量のセンノシドを摂取してしまう可能性がある」というものです。

 

下剤に含まれるセンノシドの量は1回分につき12mgとされていて、このときの調査では美爽煌茶(びそうこうちゃ)にはティーカップ1杯分に4mg程度のセンノシドが含まれているという結果になったようです。

 

ちなみにもっと大量にセンノシドを含んでいる商品もあり、なかには10mgもの量が含まれているものもあります。

 

この調査結果によると美爽煌茶(びそうこうちゃ)を1度にティーカップで3杯程度飲むと、下剤と同じ量のセンノシドを摂取してしまうことになります。

 

一度に大量に飲まなければ心配する必要はない

国民生活センターの調査結果から考えると、一度にティーカップ1杯分くらいの分量では、お腹が緩くなるような心配はないということになります。
そもそもティーカップ3杯分というとかなりの量ですから、なかなか一度にこの量のお茶を飲む人はそうそういないのではないでしょうか。

 

ただ、早く効果を得たい、大きな効果を得たいということで無理をしてでも大量に飲んでしまう人もなかにはいるでしょうから、国民生活センターからこのような指摘がされたのでしょう。

 

国民生活センターの指摘は大量摂取についてのもの

ということで、美爽煌茶(びそうこうちゃ)についての国民生活センターの指摘というのは、体に有害な成分が含まれているとか、法令違反といったようなものではなく、「原材料であるカッシア・アラタ(キャンドルブッシュ)に含まれるセンノシドを大量に摂取するとお腹が緩くなる」というものでした。

 

一度にティーカップ1杯分を飲んだ程度では心配ありませんので、なかなかスッキリできないと悩んでいたのなら、安心して美爽煌茶(びそうこうちゃ)を試してみていただければと思います。

美爽煌茶(びそうこうちゃ)は楽天市場が最安価格?

アップルティーの風味でおいしくて飲みやすい味なのに、毎朝のスッキリも実感できてしまうと口コミでも評判の美爽煌茶(びそうこうちゃ)。

 

そんな美爽煌茶は利用者の99.2%が「飲んでよかった」と回答したというアンケート調査の結果もあるほどの商品なのですが、そうはいってもまだ美爽煌茶を試したことがない人にとっては、本当に効果が実感できるのか、自分の体に合うものなのか不安に感じてしまいますよね。

 

そんな商品を試すなら、なるべく安い金額で試したい、というのが多くの人の正直な考えなのではないでしょうか。
美爽煌茶(びそうこうちゃ)の通常価格は4,000円なのですが、もっと安い価格で販売している販売店はないのでしょうか?

 

市販されているものよりも安い価格の商品が数多く販売されている楽天市場なら、もしかして美爽煌茶も安いかも、と考えて調べてみました。

 

美爽煌茶(びそうこうちゃ)の楽天市場での価格は?

現在、楽天市場では9軒のショップが美爽煌茶を販売しています。
単品購入の場合、価格はどのショップも同じで4,628円となっています。
1軒のショップだけ送料料無料となっていますが、その他のショップは商品代金に加えて648円の送料がかかります。

 

公式サイトで美爽煌茶を通常価格で単品購入した場合、4,000円に消費税と送料をプラスすると4,820円ですから、楽天市場で購入すると商品代金だけで公式サイトでの商品代金に消費税と送料をプラスした金額と200円程度しか変わらないことになります。

 

公式サイトの定期ボーナスコースが最安

公式サイトには通常の単品購入に加えて定期ボーナスコースという定期購入サービスがあり、この定期ボーナスコースを利用すれば美爽煌茶が通常価格よりも1,000円お得な3,000円(税別)で購入できてしまいます。

 

「最初から定期購入なんて不安」という方も多いかと思いますが、美爽煌茶の定期ボーナスコースには「最低○回の商品受け取りが必要」という決まりがないのです。
つまり、定期購入といいながら最初の商品を受け取ったら解約してもいいということなのです。

 

楽天ポイントが貯まっているのでポイントで美爽煌茶を購入したい、という方ならば、楽天市場で購入する意味はありますが、それ以外の方は公式サイトの定期ボーナスコースの利用がおすすめです。

 

楽天市場では2袋、3袋、4袋のセット商品も販売されていますが、公式サイトの定期ボーナスコースでも複数個購入することもできますし、2袋以上の購入で送料無料となります。

 

通常価格よりも安い商品が多数販売され、ポイントがつくなどのメリットもある楽天市場ですが、美爽煌茶(びそうこうちゃ)については公式サイトの定期ボーナスコースを利用して購入した方が圧倒的にお得ということになりますね。

 

 

↓飲みやすくておいしいのに↓

↓毎朝スッキリできる秘密はこちら↓

美爽煌茶